ドッグフードは軽減税率の対象?!キャッシュレス決済でお得になる可能性も。

もうすぐ消費税が10%に引き上げられますね。

2019年10月1日から増税がスタートするわけですが、一部軽減税率制度が導入されます。

ここで気になるのが、犬にとっても生活する上で欠かせないドッグフードの事。

ドッフグードの消費税は8%?10%?と疑問に思っている方の為に解説していきます。

軽減税率とは・・・「低所得者へ経済的な配慮をする」という目的のもとで進められている制度です。具体的には、特定の商品の消費税率を一般的な消費税率より低く設定されます。生活する上で最低限必要な食料品などは8%のままの税率なります。

【ドックフードは軽減税率の対象か?】

犬や猫などにとっても欠かすことのできない食事ですが、こちらは軽減税率の対象になるのでしょうか?

結論から申し上げますと、

ドッグフードは軽減税率の対象ではありません。

軽減税率の対象となる「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいます。その為、犬や猫に与えるペットフードは残念ながら対象外となってしまいます。

最近では人が食べることができるくらい安心のペットフードもたくさんありますが、こちらも結局のところは、ペットに与える食品ということになりますので、対象にはなりません。

 

毎日与えるペットフードが増税されるとかなりの負担になりそうです・・・。

まとめ買いを検討される方も多いと思いますが、ドッグフードも大切な犬の口に入るものですので、賞味期限などをきちんと考えながら購入されることをお勧めします!

スポンサーリンク

【裏技?!ドックフードをお得に購入する方法】

ここで、ドッグフードが軽減税率の対象にならずガッカリした方に嬉しい情報が!

軽減税率と同じように現在話題になっている、キャッシュレス決済を利用すると

お得にドッグフードを購入できる可能性があります。

キャッシュレス・消費者還元事業とは・・・消費者が中小店舗で商品やサービスを購入する際に、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など)にて代金を支払った場合には、購入額の最大5%のポイントが付与される制度です。

2019年10月1日〜2020年6月30日までの9ヶ月間限定となりますが、キャッシュレス決済を利用すると最大5%のポイント還元が受けられます。

これは嬉しい制度ですね!

ただここで注意点があります。

キャッシュレス決済の注意点

①対象店舗は、中小企業・個人が経営する小売、飲食、宿泊などに限られます。

②コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーンの還元率は2%

③期間は9ヶ月間限定(2019年10月1日〜2020年6月30日まで)

④お店が加盟登録していないと、対象にならない。

お店自体が、キャッシュレス決済に加盟登録していないと、対象になりません。お店の方に確認するか目印のポスターを確認しましょう。

⑤もちろん、現金払いは対象外です。

以上が大まかな注意点になります。

お店によって還元率なども変わりますので、心配な場合はお店に確認しましょう。

また、楽天やアマゾン、ヤフーなどのサイトも店舗が中小企業・個人なら対象になる店舗もあります

 

目印のポスターはこちら(5%の場合)⬇︎

このポスターがあるお店を探してペットフードを購入すればお得にドッグフードを購入できる可能性があります。ぜひ探してみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA