犬に鶏の骨は危険?チキンの骨は栄養豊富?2つの意見を徹底比較!

もうすぐクリスマス。

この時期は特にローストチキンやケンタッキーフライドチキンなど骨つきのチキンを食べることが多くなりますよね!そこで疑問になるのが犬にチキンのお肉や、を食べさせてもいいのか?ということですよね。

よくチキンの骨は『喉に刺さって危険』『消化不良の原因』になると聞いたことがある方も多いはず。

かと思えば、

チキンの骨は『栄養豊富で犬に最適な食事』など正反対の意見が情報として飛びかっており、本当はどっちなの?と不安になりますよね。

今回は犬にチキンのお肉や骨を与えてもいいのかをまとめます。

【①チキンの骨は栄養満点!犬に食べさせても大丈夫という意見】

まずはじめに、犬に骨は与えても良いという意見をまとめます。

チキンの骨にはカルシウムやコラーゲンが豊富に含まれており、犬にとっても必要な栄養素がたっぷり含まれています。また硬い骨を噛んで食べることによって歯磨き効果もあるとされています。

そして犬は本能的に骨が美味しいものだと知っていて、与えればすごい勢いで食べ始めます。笑

実際に筆者の実家では、骨に危険という認識はなく夕食で食べた後のチキンの骨を犬に与えていましたが一度も骨が刺さったことはなく、とても嬉しそうに食べていました。

以上のことから、頭ごなしにチキンの骨を危険と思う必要はないと言えます。

【②犬にチキンの骨を食べさせてはいけない意見】

次に、犬に骨を与えてはいけないという理由をまとめます。

犬の祖先とも言われている狼は主に草食動物の鹿や、海に住む魚などを主食としていたと言われています。そのことを考えると犬にもチキンの骨を食べさせても問題ないのでは?と思ってしまいますよね。

ですが、最近の室内飼いされているペットの犬は基本的に、カリカリと呼ばれているドライフードや柔らかいウェットタイプのドッグフードが主流です。

そう、現代に生きる犬達にとって骨のように硬い食べ物は、食べ慣れていないものなのです。いつもはすぐに噛み砕けるようなものしか食べていないので、骨のように硬く何度も噛んで食べるものは誤って丸呑みしてしまったり、裂けた骨が口や喉に刺さってしまう危険もあります。

この事から、犬に骨を食べさせるのは危険という意見が圧倒的に多いです。

 

スポンサーリンク

【ーまとめー犬にチキンの骨を与えてもいいのか?】

二つの対立する意見をご紹介しました。で、どっちなの?と思われた方も多いと思います。結論から言えば、犬にチキンの骨を与えても問題ないが、与え方に注意する必要があります。

犬にチキンの骨を食べさせる時の注意点

まず、犬に骨を与える場合は

⒈繊維が裂けて口や喉に刺さるのを防ぐ為に細かく切ってから与える。

⒉生の方が食べやすいが菌の繁殖を防ぐ為、加熱する。

⒊丸呑みなどの危険を避ける為、飼い主の目の届くところで与える。

以上のことを最低限

守る必要があるといえます。

犬に必要な栄養素は骨以外で与えることもできる

上記では犬にチキンの骨を与える場合の注意点を書きました。犬にどうしてもチキンの骨を与えたい場合は、注意点をしっかり守って与えれば良いですが、実際犬に骨を与えることにそこまでこだわらなくでもいいのかもしれません。

多少の危険はありますし、チキンの骨以外でも犬に必要な栄養を与えることはできます。また歯磨きも歯磨きガムなどを代用すれば問題なく虫歯を防ぐことができますよね。

あまり神経質になる必要はなさそうですが、どうしても心配な方は与えるのは控えた方がいいかもしれません。

 

以上犬にチキンの骨を与えてもいいのかをまとめました。

 

2 Comments

ぷぷ

家の2匹は仔犬の時から、主食は骨付き鶏肉です。一度も刺さったりすることなく肉よりも骨の方が好物です。
吐いたりするとき、穀物などは消化してませんが、骨は消化されていて見当たりません。
これからも骨付き鶏肉を食べさせてあげます。

返信する
anigo.25

記事をご覧いただきありがとうございます。骨が好きな子も多いようなので、すぐに異変に気づける環境でしたら、そこまで神経質になる必要はないかもしれませんね!ご意見ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA