【犬を飼う前に考えておこう!】犬を飼いたい!でも本当に飼える?心の準備と注意点。心構え。

 

ペットブームも落ち着いてきているとは言え、

犬を飼いたい!

そう考えている人は多いのではないでしょうか。

お家にペットがいるだけで毎日癒されますよね!^^

 

ペットを飼う理由はいろいろあると思います。

かわいいから・一人暮らしで寂しいから

ペットショップで一目ぼれしたから

家族が飼いたいと言っていたから

拾ったから・・・等々。

 

ペットを飼うことはもちろん自由です。

 

ですが、今一度ペットを飼う前に

本当に最後まで愛情責任をもって

育てられるのかきちんと考えてから

ペットを家族に向かい入れましょう!

 

以下、ペット(犬)を飼う前の準備・注意点を

まとめました。

【①散歩は毎日!朝夕2回が基本!】

 

 

まず犬は散歩が大好きです!!

 

普段部屋で過ごす室内犬にとって、

散歩は気分をリフレッシュして、

運動日光浴をするという意味があります。

さらに、

他の犬に会ったり外の刺激に触れることで、

社会性を身につける大切な時間。

 

決して激しい運動をさせたり、

排泄をさせることが目的にならないように

注意しましょう

 

特に大型犬は室内だけでは運動不足になり

ストレスをためやすくなります。

 

犬の散歩時間の目安

超小型犬→1020分程度(チワワなど)

小型犬→1520分程度(ダックスフンドなど)

中型犬→3040分程度(柴犬など)

大型犬→4050分程度(ゴールデンレトリバーなど)

 

犬の体調が悪い日や、

大雨の日に無理していく必要はありませんが、

今日は疲れたから、面倒だから等の

飼い主の勝手な都合で

散歩に行かないということが

ないようにしましょう。

 

犬は毎日の散歩を楽しみにしていますよ!

【②部屋が汚れることは日常茶飯事!】

 

 

抜け毛、粗相、いたずら等はいつものこと!

はじめのうちはトイレになれるまで、

フローリングの上や、

カーペットの上など様々な場所で

うんちやおしっこをしてしまう

可能性があります。

 

そんな時に

叩いたり、怒鳴ったり、

してしまってはよくありません

 

犬は糞尿をすることが

いけないことだと勘違いして

病気を引き起こす原因にもなります。

 

また走り回ってものを倒したり、

噛んで物を壊す可能性もあります。

いたずらなどは適切なしつけにより

減らすことができますが、

抜け毛などは毎日ブラッシングをしても

完全には無くなりません。

そう言ったことが許せない!

というような神経質な方にペットの飼育は

おすすめできません。

 

人間の赤ちゃんと同じように愛情をもって

ゆっくり適切なしつけをしていくことが

必要です。

【③急な長時間の外出・お泊りができない!】

 

 

犬はあなたの帰りを首を長くして待っています!

 

ペットが居なかったときは、

何時に帰宅しても、

急なお泊りをしても構いませんが、

ペットを飼い始めたらそうはいきません。

 

餌もあげなくてはいけませんし、

散歩にも行く必要があります。

 

また犬は本来お留守番が苦手な動物です。

長時間のお留守番は犬に大きなストレスを与えることになります。

 

飼い主さんが帰ってくるのをいつも心待ちにしているのです。

 

飼い主の勝手な都合で犬に我慢させていることを

忘れないでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

【④ペットを飼うにはお金がかかる!

 

 

あなたはペットを飼うための金銭的な余裕がありますか?

 

ペットを飼うのには、

当然ながらお金がかかります。

 

はじめに準備する

クレートや首輪・トイレのほか、

毎日の餌代・去勢手術・病気の時の治療代等。

 

犬に毎月かかるお金の例

フード代        約5,000円/月
ケアグッズ代      2,000円/月
シャンプー代      約3000~ /1回

トリミング代      約5000~ /1回

       (地域、お店により異なる)

 

犬種によってもことなりますが、

毎月1万円前後の費用がかかることになります。

それに加えて、

治療費(去勢手術、狂犬病の注射など含む)や

ペットを預けるときのペットホテル代

 

そして忘れがちですが、

ペットをお留守番させている間は

冷房・暖房をつけておく必要があります。

 

特に夏場は脱水症状をおこしたり、

命の危険を伴う重大な事故の可能性

がありますので、必ず空調を整えてから外出

するようにしましょう。

 

計画的に犬を飼うことができるかきちんと考える必要

がありますね。

【⑤あなたはペットの最後を看取ることができますか?】

 

 

最後に犬には私たち人間と同じように

命の寿命があります。

 

犬は人間よりかなり早いスピードで

歳をとります。

 

犬の年齢計算方法★

 

小型犬と中型犬は、

最初の2年で24歳になり、

3年目以降は1年に4歳づつ歳を取ります。

24+(犬の年齢-2年)×4

 

大型犬は、

最初の1年で12歳まで成長し、

2年目以降については

7歳づつ歳を取ると言われています。

12+(犬の年齢-1年)×7

 

上記のことから犬の子供の時期は
本当に短いことがわかりますね。

 

歳を取れば病気になる可能性も高く、
介護が必要になることもあります。

 

ペットの為に時間を費やすことができるか
も重要になってきますね。

 

またペットロスにより精神的に
ダメージを受けてしまう方もいます。
次第によくなっていくはずですが、
症状が長く続く場合は
カウンセリングが必要になることも。

以上、犬を飼う前に考えておきたいことを
ご紹介しました。

 

今回は大変な所をピックアップしましたが、
もちろん犬を飼うことは大変な事以上に
癒しと幸福感をもたらしてくれます!

 

犬の寝顔をみたら嫌なことも忘れてしまいますよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA