自分にあった犬種の選び方!あなたの家はアパート・マンション?戸建?家族構成は?

 

犬を飼う心構えや、金銭的・時間的余裕もしっかり準備万端なあなた。

 

 

早速家族に向かい入れる犬を探そうとしているかもしれませんね。

ずっと前から犬を飼うなら、

大きくて優しいゴールデンレトリーバーに決めていたの♪

なんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

でもちょっと待ってください!

 

 

犬にはたくさんの犬種がいて、それぞれ性格や習性が全く違ってきます。

ただ見た目がタイプ、かわいいからという理由で

飼う犬を決めてしまってもいいのでしょうか?

 

今回は自分のライフスタイルや、家族の生活にあった犬種の選び方をご紹介します。

どうしても飼いたい犬種がいる方も一度参考にして、

本当に自分に合った犬かどうか考えてみてくださいね。

【⒈犬を飼うあなたの家は賃貸アパートやマンション?それとも一戸建て?】

 

 

まず初めに、アパート・マンション・戸建どの物件でも賃貸の場合確認しなければいけないことがあります。

当たり前のことですが、その物件のペットの可否です。

もしペット不可だった場合、ペット可能物件を探すところから始めなくてはいけません。

まれに、ばれないから大丈夫!と勝手にペットを飼っている人もいますが、

それは大変危険です!

 

 

管理会社に飼っていることが見つかった場合、他にペットを預けるように指示されたり、退去を強いられます。

私たちは、賃貸で部屋を借りる時、貸主と契約書を交わしているので契約違反ということになります。いくら反論しても勝ち目はありません。

 

退去時にはペットが傷をつけたり汚した場所の原状回復の費用も請求されることになりますので、通常の退去時より高額な金額になる可能性もあります。

また、飼っているペットが逃げ出して

近隣の住民に怪我をさせたり、

物を壊した場合損害賠償を請求されることになりますので、

決して甘い考えで飼うことはおすすめできません。

 

引越しの費用や、預かってくれる場所がないからとペットを手放すことになるケースもありますので可愛い動物たちの為にも

絶対にやめてくださいね!

 

 

それでは本題に戻って^^

 

あなたが現在住んでいる家、もしくはこれから犬を向い入れる自宅はアパート・マンションでしょうか?

それとも一戸建てでしょうか?

犬を迎いいれるにあたり、これも重要な要素となります。

一人暮らしや、カップルでの同居などの場合

多くの方が1R〜2LDKなどの間取りに住んでいらっしゃいますよね。

ここで考えていただきたいのが部屋の広さ(自由なスペースの有無)です。

たっぷり自由なスペースがある広いお部屋に住んでいるなら、

マンションでも大型犬などの大きい犬を飼うことは可能ですが

一般的な1R〜2LDKくらいのお部屋の広さでは

大型犬を飼うには向きません。

 

大型犬の場合その体の大きさを考えるとゲージやサークルの大きさは幅が

1m20cm〜2m50cm位の物が多いです。

ゲージを置くだけでもかなりのスペースを要することがわかりますよね。

かなりの圧迫感です 笑

 

これでは犬も動くスペースが少なくなり、ストレスが溜まってしまいます。

大型犬を飼う場合最低でも3LDK以上の間取り、広さが必要です!

 

1R〜2LDK位のお部屋で一人暮らしやカップルが

犬を飼う場合は小型犬や中型犬をおすすめします。

 

 

★1R〜2LDKのアパート・マンションで犬を飼う場合・・・

 

チワワ・ダックスフンド・トイプードル・マルチーズ

ヨークシャテリア・パピヨン・ポメラニアン・ピンシャー

シーズー・ブルドッグ・パグ等の

小型犬〜中型犬くらいの大きさの犬が飼いやすいです。

 

 

一戸建てにお住まいで十分な広さがある場合

小型犬〜大型犬まで選択の幅が広がりますね。

多頭飼いしている方も多いです。

 

 

また賃貸や集合住宅の場合匂いや無駄吠えも気になるところですよね。

 

★無駄吠えの少ない犬種としては・・・

パグ・シーズー・ブルドッグ・フレンチブルドッグなどの

鼻が短い犬種

 

ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリーバー

スタンダードプードル・秋田犬・グレーハウンドなどの大人しい大型犬

 

その他、スキッパーキ・ミニチュアシュナウザー・パピヨン

バセンジー・シェットランドシープドッグ

キャバリアキングチャールズスパニエル・トイプードル等も

無駄吠えが少ない犬種です。

 

★匂いの少ない犬種としては・・・

プードル・マルチーズ・シュナウザー・パピヨン

ミニチュアピンシャー・チワワ・バセンジー

ボーダーコリー・シベリアンハスキー・ダルメシアン

シングルコートと言われる季節の変わり目に抜け毛の少ない犬種が

おすすめです。

 

 

それぞれ個体差はもちろんありますが、

本来の性格や体質から無駄吠えや匂いの少ない犬種です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

環境面を確認したら次は、時間的な余裕と家族構成で

自分にあう犬種を確認していきましょう。

 

スポンサーリンク

【⒉犬と一緒に居れる時間はどれくらい?時間的な余裕と家族構成は?】

 

 

犬は基本的に留守番が苦手な動物です。

あなたはどれくらい犬と一緒にいる時間を

つくれるでしょうか?

 

散歩に行く時間もないほど忙しい方はもちろん犬を飼うのには

向いていませんが、

一人暮らしで日中留守にすることが多い方も

夜や休日に犬とじっくり過ごせれば、

友好な環境を築けます。

 

★家を留守にすることが多い方は・・・

比較的我慢強く温厚柴犬・トイプードル・チワワ

パグ・フレンチブルドッグ・シーズー

ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリーバー等が

おすすめです。

 

また小さなお子様のいるご家族や、初めて犬を飼う方は

お手入れが簡単で、温厚な犬種を選んだ方が

飼いやすいです。

特に小さなお子様がいる家庭では

赤ちゃんがアレルギーを発症する可能性もあるので

抜け毛が少ない犬種をおすすめします。

 

★抜け毛が少なくお手入れが簡単な犬種としては・・・

プードル・シーズー・シュナウザー・マルチーズ

ヨークシャテリア・ビジョンフリーゼ等がおすすめです。

 

その中でもプードルは巻き毛の毛質なので

毛が抜けても毛の中にとどまり、抜け落ちることが

少ないので適度にブラッシングをしてあげると

家の中が毛だけになることもなく飼いやすいです。

また、大型犬より小型犬の方が

体の面積が小さいため抜け毛の量も少なくなります。

 

 

 

以上、生活環境や家族構成からおすすめの犬種を

ご紹介しました。

それぞれ個体差があるので、

信頼できるブリーダーさんに相談して

犬の傾向や性格を確認することも大切です。

 

ぜひ自分や家族のライフスタイルに合った犬種で

犬との生活を楽しんでみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA