【スヌーピーのモデル犬!】ビーグルの特徴と性格!ヒアリ探知犬としても活躍?!

 

スヌーピーのモデルになった犬としてよく知られているビーグル。

大きくて垂れた耳が特徴的な犬種です。最近ではヒアリの探知犬としても活躍も話題になっています。

そんなビーグルの性格や特徴をまとめました。

 

 

【ビーグルの特徴】

短毛で垂れた耳が特徴のビーグル。原産地はイングランド。ビーグルはイギリスのスポーツであるウサギ狩りに用いられていた犬種で、 古代ギリシアでウサギ狩りに用いられていた犬の末裔(子孫)とも言われています。豊富な体力と獲物を追いながら延々鳴き続ける「追い鳴き」と呼ばれる習性を持ち、その声で仲間達と連絡を取り合いウサギを追い詰めて狩りをしていました。

また分類的には嗅覚ハウンドと呼ばれる犬で、このグループの最大の特徴はずば抜けた嗅覚です。もともと、嗅覚が優れている犬の中でも、特に優れており、警察犬や麻薬探知犬、検疫探知犬としても活躍している犬も多くいます。

 

犬名の由来は諸説あり、フランス古語のbegueule (大きく口を開けた)とbeugler (大声で鳴く)、古い英語のbegele(小さい)、ゲール語のbeag(小さい)などからきているとされています。

 

寿命平均・・・1215程度

基本性格・・・ 愛想がよい 聡明 落ち着きがある 興奮しやすい 穏やか 果敢

毛色・・・ハウンド・カラー/トライカラー(白、褐色、黒)、 レモン&ホワイト、 ホワイト&タン、 レッド&ホワイト、 ブラウン&ホワイト、 オレンジ&ホワイト

体重平均・・・ オス: 1011 kg メス: 910 kg

体高平均・・・オス: 3641 cm メス: 3338 cm

 

 

【ビーグルの性格】

基本的な性格は穏やかで、落ち着きのある性格です。集団で狩りをしていたことから、協調性もあり人間や他の動物に対してもフレンドリーで、多頭飼いにも向いています。散歩中にもたくさん愛嬌を振りまき可愛がられることが多いです。ただその反面寂しがりやな一面も持っているので、常に飼い主さんの隣に居たがるような所があります。お留守番も苦手な犬種ですので、たくさん犬と一緒の時間を持てる方にお勧め。

元々狩猟犬で鳴くことが仕事だった為、鳴き声が大きくいつまででも鳴いていることができる体力も持ち合わせていますので、鳴き声には十分注意しましょう。特に集合住宅ではしつけが必須です。運動不足やさみしさのストレスから吠えてしまうことが多いので気を付けてあげてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

【スヌーピーのモデルになった犬って本当?!】

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが。世界中で人気のあるスヌーピーのモデルとなっているのが、じつは「ビーグル」なんです!!

 

スヌーピーとは・・・アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。白い体に黒い斑点が特徴。

 

大きくて垂れた耳がビーグルにとても似ていますね。でもここで一つ疑問点が。スヌーピーは白黒模様だけど、ビーグルで白黒ってみたことないような・・・スヌーピーカラーのビーグルっているの?ということ。

 

結論から言いますと、残念ながらスヌーピーカラーのビーグルはいないようです。犬の毛色はJKC(ジャパンケンネルクラブ)で定められていて、それに当てはまらない毛色はミスカラーとされてしまいます。JKCには現在のところ、『レバー色以外のハウンド・カラー(白、褐色、黒)であれば認められる。尾の先は白い。』と定義されているので、白黒のビーグルは認められていません。もし白黒のビーグルが生まれたとしても、ミスカラーとして繁殖はされないのです。遺伝子的にも白と黒の毛色が生まれることは確率的にかなり低いです。その為スヌーピーカラーのビーグルは現在の段階ではいないという結論になります。

 

ミスカラーとは・・・犬には規定の毛色が決められており(世界のクラブで統一)、それ以外の認められていない毛色をミスカラーと呼びます。後々に、生まれる頭数が多く病気などの問題ないとされれば、規定のカラーとして認められていくこともあります。

 

 

 

【ヒアリ探知犬としても活躍中?!どうしてビーグルなの?】

2017年今まで海外にしかいなかった、猛毒をもつヒアリが日本でも発見されました。ヒアリは繁殖力が強く、女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むとされています。

 

そんな危険なヒアリを見つけ出す為に、なんと海外ではビーグルが活躍しているんです!その理由は鋭い嗅覚。数多くの犬種の中でもハウンドグループの犬種は嗅覚が群を抜いていると言われます。その中でもビーグルが最適な理由は体が比較的小さく小回りがきくという理由でビーグルがヒアリ探知犬として活躍しています。

探知犬は基本的に、匂いでヒアリを感知して「お座り」で知らせます。巣がなくても、集団でいれば見つけられ、被害が拡大している台湾やオーストラリアで育成されています。

日本でもすでにシロアリの探知犬としてビーグルが活躍していますが、シロアリとヒアリでは匂いが違う為、ヒアリ探知犬として活動するには新たに訓練が必要となります。その為、現時点では台湾で、すでに訓練されているヒアリ探知犬を輸入する手続きがされています。

 

今後の活躍が期待されますね!

 

 

以上ビーグルの性格と特徴をまとめました。

 

スヌーピーのモデル犬としてだけではなく、ヒアリの探知犬としても活躍してくれてるビーグル!人間のために働いてくれていることに感謝ですね。

 

賢くペットとしても私たちに癒しを与えてくれます^^

 

またビーグルは体の模様(カラー)がそれぞれ異なりますので、その部分でも自分だけのビーグルを見つける楽しみもあります。ぜひビーグルを見つけたらそれぞれの違いも見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA