【簡単!】子犬期から始める!効果的なトイレトレーニングの方法!しつけに必要なアイテムは?!

 

子犬がおうちにやって来たその日から始めなくてはいけない事!それはトイレのトレーニングです。子犬は最初、トイレの場所を知りません。だんだんと犬自身がトイレの場所を学んでいく事が必要です。今回は効果的なトイレトレーニングの方法をまとめました。

【子犬期から始めるトイレトレーニングのやり方まとめ】

 

まずはトイレトレーニングに必要なものを揃えましょう!

★トイレトレーニングに必要なもの★

・トイレトレー

・トイレシート

・ケージ、サークル

 

ここで具体的なトレーニング方法の前に、まず犬の基本習性として知っておきたいことをご紹介します。犬の習性を利用して早くトイレを覚えてくれるようにトレーニングしていきましょう。

 

★犬の基本習性★

 

⒈犬は本来綺麗好きな動物!

自分の寝床はきれいにしておきたいのが犬の性格。この習性を利用してトレーニングを進めていくと上手くいきやすいです。

 

足場の柔らかいところでトイレをしやすい!

犬は本来、土の上や草・芝生などの柔らかい場所を探してトイレをする傾向があります。室内でも柔らかい踏み心地の場所を探しているので、フローリングの上よりもソファやラグなどがある場所でトイレをしてしまうことが多いです。この習性もトレーニングに生かしましょう。フローリングより、ペットシートの方が柔らかいですよね!

 

⒊犬のトイレの時間は大体決まっている!

犬は個体差も少しありますが、基本的に寝起き・食事の後・遊んだ後に排泄しやすいです。これが分かっていればトイレに連れていくタイミングがつかめます。最初のうちはどんな時に排泄しやすいかをメモしておくと傾向が分かります!

以上3つの犬の基本習性を踏まえて、トイレトレーニングをスタートしましょう^^

 

スポンサーリンク

【トイレトレーニングを始めよう!】

①子犬は基本的にケージ(ハウスの中)で過ごさせるようにします。

②子犬がトイレに行きたそうな仕草や時間になったら、トイレシートを敷き詰めたサークルに移動させる。

③排泄するまでサークルの扉を閉めて中に入れておく。

④シーツの上で排泄すれば成功!沢山褒めてあげよう。

⑤おしっこをしたら飲み水を与える。

⑥子犬をサークルから出してハウスに戻してあげる。

 

サークル内のペットシートで排泄➡︎ハウスに戻すを繰り返す事でペットシートで排泄する事を学習していきます。

 

慣れてきたらstep up!!!

 

⑦サークル内のペットシートの面積を半分に減らして同じように繰り返していきます。

⑧トイレシートの上で排泄できるようになったら、トイレトレーの上にシートを敷いて置くようにします。

⑨トイレトレーの中で排泄できるようになったら自分でトイレに行けるようにサークルの扉を開けておきましょう。

⑩自分でサークル内のトイレトレーのところで排泄できるようになったらあと少しです!サークルがなくてもトイレトレーの上でトイレをできるように練習していきましょう。元々犬は綺麗好きなので、自分の寝床で排泄をするのを嫌います。その心理を利用して、自分からトイレに行くようにサポートしてあげましょう。

 

 

以上トイレトレーニングの具体的な方法をご紹介しました。トレーニングのポイントはとにかく上手く出来た時に褒めてあげる事!オーバーだなと感じる位に褒めてあげましょう。

失敗した時は怒鳴ったり、叩いたりせずにしれっとすぐに片付けます。匂いがつくとまた同じ場所でしてしまうので、消毒などで綺麗に掃除すること。また床に洗濯物や、バッグなどを置いておくとその上で排泄してしまうこともあるので(柔らかい場所で排泄しようとしてしまう。)お部屋の床には物を置かないようにしておくのも大切です。

 

最初は大変だと思いますが、早くトイレの場所を覚えてくれるようにしっかり子犬のうちからしつけしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA