犬に与えてはいけない・食べてはいけない食べ物!その食べ物危険かも?(基本編②)

人間には栄養豊富な食材でも犬に与えてはいけない食べ物って意外とたくさんあるんです。知らなかったでは済ませれない、命に関わる事もありますので、きちんと確認してからあげるようにしましょう。

前の記事で与えてはいけない食べ物を4つご紹介しましたが今回も新たに3つご紹介します!

【犬に与えてはいけない食べ物】

アボカド

今や美容にとってもいいと女性に大人気のアボカド。実は犬にとっては中毒性のある食べ物です。

アボカドに含まれる「ペルシン」という成分が下痢や嘔吐などを引き起こす可能性があります。

 

★中毒の症状★

下痢・嘔吐・軟便・呼吸困難・痙攣、等。

アボカドを食べても、重篤な症状になる事は少ないようですが、犬によっては少量でもアレルギー反応を起こす可能性もあるので、注意が必要です。下痢や軟便の症状がないかよく観察しましょう。

 

★症状がでる摂取量・致死量★

アボカドには数百種類もの品種があリます。犬に悪影響を与える「ペルシン」がどの位の量含まれているかは、品種によっても異なるためどれだけの量が犬に中毒を引き起こすかは今の所はっきりとわかっていません。

また外国のペットフードにはアボカドが含まれているものも販売されています。これは毒性のある「ペルシン」の含有量が少ないアボカドを使用しているためと言われています。外国のアボカド入りのドックフードを与える場合は、犬にアレルギー症状が出ていないかよく確認しながら与えるようにしてください。

 

まだはっきりとわからない事も多いアボカドですが、少なからすリスクがある事は間違いありませんので、犬に与えるのは控えるようにしましょう。

キシリトール

人にとっては身近なキシリトール。キャンディやガム、歯磨き粉などに含まれている事が多く、人間にとっては安心な甘味料として知られていますが犬にとってはかなり有毒です。

犬がキシリトールを接種すると、大量のインシュリンが放出され低血糖に陥り肝機能の低下を引き起こします。重症な場合、命を落とす可能性もあります。

 

★中毒の症状★

嘔吐・下痢・ふらつき・無気力・発作・昏睡・歩行困難、等。

キシリトールの中毒症状が出るのは他の食べ物と比較すると早く、接種してから10〜30分程度で症状が出て、1時間以内に発作や昏睡を引き起こすと言われています。

★症状がでる摂取量・致死量★

日本のキシリトールガムには1粒に約0.5gのキシリトールが含まれています。

体重10kgの犬で1gのキシリトールで症状が出たとされていますので、2粒食べただけでも中毒を引き起こす可能性があります。小型犬の場合は1粒でも大変危険です。

キシリトールを犬に与える事は基本的に無いかもしれませんが、ガムなど小さい物は、特に誤飲に注意が必要です。また最近のシュガーレスをうたっているお菓子などにもキシリトールが含まれいる事がありますので、注意しましょう。

万が一口にしてしまった場合はすぐに動物病院に連れて行きましょう。約1時間で重篤な症状になる場合もありますので、まずは動物病院に電話で連絡をして指示を仰ぐ事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

コーヒー

コーヒーに含まれる「カフェイン」が犬にカフェイン中毒を引き起こす可能性があります。人もコーヒーをたくさん飲むと眠れなくなったりカフェイン中毒を起こすのと同じように犬にも影響があります。

 

★中毒の症状★

嘔吐・下痢・興奮状態・多量のよだれ、等。

症状が重くなると・・・

痙攣・ふらつき・筋肉の硬直、最悪の場合死に至る可能性があります。

約1〜2時間で症状が出る事が多いですので、誤って口にした場合は注意深く観察してください。

 

★症状がでる摂取量・致死量★

体重1kgで約100〜200mgで症状が出るとされています。

体重5kgの犬では約500mgで症状が出ることになります。

 

コーヒー1杯(200ml)で、約120mgのカフェインが含まれいるので、体重5kgの犬だと4〜5杯のコーヒーを飲んだ時ということになります。

4〜5杯のコーヒーを犬が接種する可能性は少ないので、特に心配ないと思いがちですが、小型犬や個体差によっては少ない量で症状が出る事がありますので注意が必要。また、コーヒーの粉末や豆には液体の何倍もカフェインが含まれていますので、犬が誤って口にしないよう十分気をつけましょう。

 

多少舐めてしまった程度なら、症状が出る事は少ないようですが犬にコーヒーを与えるメリットは何もありませんので、控えましょう。また、お茶や紅茶に含まれるカフェインも同様に中毒を起こす可能性があるので与えないように。

関連記事はこちら↓

犬に与えてはいけない・食べてはいけない食べ物!その食べ物危険かも?(基本編①)

 

犬を守れるのは私たち飼い主だけです。

可愛い愛犬のために、リスクは最小限におさえましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA